遺言書について

“自筆証書遺言”

簡単に言えば、全て自分で書く遺言書です。

※※メリット

・紙とペン(鉛筆やフリクションペンなど消せるものは不可)さえあれば作成できる

・費用もほとんどかからない

・自分で書ければいつでも書けるので、書き換えたりすることも簡単

※※デメリット

・家庭裁判所で「検認」してもらう必要があるので、すぐに効力は発揮しない

・民法の規定を満たしていなければ、無効になることもある

 

書き方に特に書式があるわけではなく、紙やペンも指定はありません。縦書き、横書きどちらでも大丈夫です。

修正、訂正の仕方には一定のルールがあります。修正や訂正よりは新しく書き直すことをお勧めします。

公正証書遺言書

公証役場で、公証人に作成してもらう遺言書のことです。

2人の証人立ち会いの下、口頭で述べたものを公証人が遺言書として作成してくれます。

(実際、専門家に頼んだ場合は、少し流れが違ってきます。詳しくはお問い合わせください)

※※メリット

・公証役場で原本は保管されるので紛失することがない

・証人の立ち会いの下作成され、保管されるので改ざんや偽造される心配がない

・家庭裁判所での「検認」が不要なので、すぐに相続手続が始められる

※※デメリット

・費用がかかる。公証役場での費用に加え、証人への費用もかかる。また財産の金額により費用が上がる

・財産目録を作ったり、書類を揃えたりする手間がかかる

自筆証書遺言より信憑性があるため、確実な方法だと言われています。

 

どちらの方が自分に合っているか、どのように書けばいいのか、一度見本を見てみたい、などご質問や疑問点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

投稿日:2018年6月4日 更新日:

執筆者:

検索

お電話のご相談
06-6840-0325

毎週月〜金 9:30〜17:30(祝休)

住所
大阪府豊中市玉井町3丁目3番1号
営業時間
月〜金: 9:30 AM – 5:00 PM 土日祝休
TEL:06-6840-0325
FAX:06-6840-0326

メール:office@u-bappu.jp
 事務局